水虫治療〜原因は?〜

白癬菌を体内から排除する

白癬菌に狙われる角質層
水虫というのは、その原因となっているカビの一種である白癬菌による皮膚への感染症です。

この白癬菌と呼ばれるカビが、皮膚の角質層に寄生することで引き起こされるのです。

人間の皮膚の角質層には、水虫の原因菌である白癬菌の好物と言われるタンパク質の一種であるケラチンが存在することから狙われてしまうわけであります。

また水虫は、その90%近くは足にできるのですが、それは革靴を履くことによって高温多湿という水虫が増殖しやすい環境ができてしまうからです。


日本人の5人に1人が水虫に
日本人の5人に1人は、水虫にかかっていると言われていることを皆さんはご存じですか?この数字から考えられることは、日本の環境と生活習慣に従っている限り、誰もが発症する危険が高いということになりますね。

そして、不運にも水虫を発症してしまった場合、水虫を完治させるためには原因となっている白癬菌を体の中から排除する必要があるのです


水虫の症状を自覚した場合、最もよい方法は皮膚の疾患などを專門に治療する皮膚科に行って診察してもらうことです。水虫の治療で皮膚科に行くと、多くの場合飲み薬や塗り薬を処方されることになります。

皮膚科で相談すれば、患者さんの症状に合わせて薬が処方されることになりますので、安心して治療に専念することができます。

自己判断で、適当に市販薬を買ってきて治療しても、それが症状に適している薬かどうか分かりませんからね。


※こちらに続きます。
>>>飲み薬と塗り薬を使い分けましょう



TOP PAGE