水虫治療〜原因は?〜

靴の中を清潔にして水虫を予防する

※「水虫対策の靴選び」からの続きです。

白癬菌の好む環境を作らないこと
水虫対策でまずやるべきことは、予防のため、あるいは既に水虫であれば悪化させないためにも足の蒸れにくい通気性の良い靴を選ぶことが大切です。

足が蒸れるということは、水虫の原因菌である白癬菌の増殖しやすい環境を提供してあげているということになります。

とは言うものの、職業柄パンプスや革靴を履かなくてはいけないケースはたくさんありますよね。その方が日常的だという人も少なくないはずだと思います。

パンプスや革靴を履くことが前提のご職業の方は、靴の履き方に工夫してみましょう。


靴の履き方を工夫しましょう
靴の履き方に工夫するということは、具体的に言えば同じ靴を毎日履かないということです。毎日同じ靴を履いていますと、どうしても白癬菌の増殖を防ぐことは難しくなります。

水虫を予防するためには、白癬菌を増殖させてはいけません。毎日同じ靴を履くのは止めましょう。


また、休憩中は靴を脱ぐなりサンダルを履くなりで足を外気に触れさせてあげて乾燥させて足が蒸れないようにしてあげて下さい。

デスクワークに際しては、できればサンダルを履いて仕事をしたいものです


今の時代は、とても便利なものがありまして除菌スプレーという優れ物が市販されています。靴を脱いだ時は、この除菌スプレーを使うことで靴の中が清潔になりますので白癬菌の増殖を抑えることができます

水虫を予防するということは、靴選びにだけ注意をするのではなく履き方にも対策することが大切なのです。



TOP PAGE