水虫治療〜原因は?〜

水虫治療のパルス療法とは?

飲み薬を服用するパルス療法
水虫の治療方法には、民間療法も含めて実に色々な方法が存在するわけであります。そんな治療方法の一つに「パルス療法」と呼ばれる方法がありますが、皆さんはこの「パルス療法」ってご存じですか?

この治療方法は、あまり一般的には知られていない方法かもしれませんが、今回はこの「パルス療法」について取り上げてみたいと思います。


水虫の治療方法と言いますと、何と言っても患部に塗り薬をすり込んで治療することが多いのではないでしょうか?

しかし、パルス療法におきましては塗り薬が使われることはありません。飲み薬を服用することで治療していくことになります。


イトラコナゾール
パルス療法で用いられるくすりというのは「イトラコナゾール」と呼ばれる薬です。この「イトラコナゾール」の力で水虫の原因となっている真菌に壊滅的な打撃を与えていくことになります

Wikipediaの解説を引用しますとパルスとは「短時間に急峻(きゅうしゅん:傾斜が急で険しいこと)な変化をする信号の総称」ということになります。

パルス療法というのは、Wikipediaの解説と同じような意味合いで短期間に薬を服用して水虫を治すという治療方法になります。

要するに飲み薬を使った短期決戦ということになりますね。


薬の服用方法としましては、そのサイクルとしてまずは毎日一週間服用を続けます。そして一週間後からは三週間薬の服用をしないという方法になります。

上記のような流れを三回繰り返すことで、水虫の治療に当たるのがパルス療法ということになります。


※こちらに続きます。
>>>パルス療法の具体的な方法



TOP PAGE