水虫治療〜原因は?〜

水虫が進行するとどうなるの?

自覚症状のないまま進行する水虫
病気というものは症状が表面化することで自覚できますので、何らかの処置を施すことができるわけです。

ところが中にはほとんど自覚症状が現れずに進行していく病気もあります。

水虫という白癬菌による皮膚の感染症もまた、初期の段階ではあまり自覚症状の現れない病気の一つなんですね


繰り返しになりますが、初期の段階の水虫は自覚症状がほとんど現れることがありません。細かいことを言えば、患部の皮膚が少しばかり赤くなることと痒みがあるくらいのものです。

そんなことから水虫菌に感染しても多くの場合、放置されることになります。そうすると厄介な白癬菌は徐々に進行して慢性化することになってしまうんですね。


慢性化した水虫の角質増殖型足白癬
このような形で慢性化した水虫を「角質増殖型足白癬」と言います。

角質増殖型足白癬まで進行した水虫は足の裏全体が厚く、そして固くなります。そして少しずつひび割れるようになり、擦ったりしますと剥がれ落ちたりするようになります。

この状態から更に放置してしまいますと、白癬菌による感染は爪にまで侵攻して爪水虫(爪白癬)まで悪化する場合もあります


爪水虫(爪白癬)まで悪化した水虫は、水虫の末期症状と言ってもよい段階なのです。爪水虫(爪白癬)の症状としましては、痒みはありません。しかし、爪が白色や黄色に変化して厚くなってしまいます。

さらに爪の表面は変形し始めて、デコボコと波打ったような状態になってしまいます。端的に申し上げるとすれば白癬菌によって爪が破壊されてしまうわけであります。


※こちらに続きます。
>>>悪化すると非常に厄介な水虫



TOP PAGE