水虫治療〜原因は?〜

爪水虫とは?

爪にも侵入する白癬菌
水虫の原因というのは、カビの一種でもある白癬菌が皮膚の角質層に侵入して増殖することで発症します。

ところでこの白癬菌ですが、爪の中に入り込んで増殖してしまうことがあるんですね

このように白癬菌が爪に侵入することで発症する水虫のことを爪水虫と言います。

一般的にも水虫と言えば足の裏だとか、あるいは足の指と指の間にできる皮膚病というイメージが強いかと思いますが、白癬菌が侵入するのは皮膚の角質層だけではないんですね。


爪のケラチンを食べる白癬菌
水虫菌である白癬菌というのは、タンパク質の一種であるケラチンを好んで栄養源としております。そしてこのケラチンは人間の角質や爪、そして髪の毛に存在しております。

ということは当然、白癬菌に狙われるのは足の裏や指と指の間だけでなく、爪もまたターゲットになってしまうわけであります。

このようにしてターゲットになってしまった足の指の爪に白癬菌の侵入を許してしまって増殖すると爪水虫が出来上がってしまうのです。


爪に侵入した白癬菌は、爪を構成する成分であるケラチンを栄養源として増殖します。また、白癬菌の増殖は置かれている環境にも左右されます。

白癬菌は湿った環境を好みますので、毎日長時間靴を履き続けるような状態にあったりすると、爪に入り込んだ白癬菌は好物の足の爪のケラチンを食べて、ますます増えることになってしまうでしょう。

爪に入り込んで発症する爪水虫もまた、厄介な症状が現れてまいります。


※爪水虫の具体的な症状はこちらに続きます。
>>>爪水虫の症状



TOP PAGE