水虫治療〜原因は?〜

頭部にできる水虫〜シラクモ〜

水虫は足以外にもできます
水虫などという名称を耳にしますと、足にできてしまう皮膚病という印象が強いと思うのですがいかがでしょうか?

しかしながら水虫の実態は足だけに感染するわけではありません。

水虫は感染した部位によって名称が違ったものになります。そこで今回は、水虫が感染した部位ごとにご説明してまいりたいと思います。


(1)頭部・・・頭部に感染した水虫はシラクモまたは頭部白癬菌と言います。頭部白癬菌という名前からもお分かりの通りで、白癬菌が頭部に寄生することで発症したものです。

頭部に白癬菌が増殖してしまうのは、足の場合と一緒ですね。要するにヘルメットとか防止をかぶることで頭部の温度や湿度が上がってしまい白癬菌が繁殖しやすい環境が整ってしまうわけでしす。


ヘルメットについてはバイク用もありますが、通学用、自転車用がありますよね。これらのものは、あまり共用しないと思いますが、工事現場などで使用するヘルメットで共用する場合はちょっと注意した方が良いかもしれません。

ヘルメットや防止をかぶりますと、靴を履いている足と同様に蒸れてしまいますのでご注意ください。


「シラクモ(頭部白癬菌)」になってしまいますと、頭に強い痒みが現れます。そしてフケが増えて抜け毛という症状まで出てくるようになります。

足にできる水虫と違って「シラクモ(頭部白癬菌)」は、人の目に触れる場所ですから、フケとか抜け毛というのはなかなか厄介なことになってしまう可能性があります。


※こちらに続きます。
>>>手白癬とインキンタムシ



TOP PAGE