水虫治療〜原因は?〜

症状が消えても治療を続けましょう

※「水虫は市販薬で治る?」からの続きです。

本当に水虫ですか?
水虫には、「足の裏が痒い」「ブツブツができている」「ひび割れ状態にある」「皮がむけている」などの症状が現れますが、実はこれらに似た症状の皮膚病があります。

本当に水虫であれば、市販されている水虫治療薬でも根気よく続けていれば治すことができるでしょう。しかしながら、他の皮膚病なのに水虫治療薬を使ったとしても思うような効果が現れませんし、その反対に悪化することもあります。

水虫と思える症状が現れたら専門の皮膚科で診察してもらいましょう。そして診察の結果、水虫と診察されたのであれば市販薬でも治療することができます。


しぶとい水虫菌
でも、病院に行ったのであればそこで治療薬を処方してもらった方が安心ですよね。それに保険が効きますから薬代も安くなるはずです。

病状にマッチした治療薬を使えば水虫は治ります。水虫の治療薬を使い続けますと、症状が改善されやがて表面上の症状は見られなくなります。


仮に症状が現れなくなっても、水虫は実にしぶといのです。水虫は、例え見た目の症状がなくなっても多くの場合、完治しておりません

したがいまして、症状が解消されたからといって薬の使用をすぐに中止すべきではありません。治療の目安としては、症状が現れなくなってから、1〜2ヶ月は今まで通りの治療を続けましょう。


水虫の治療は根気です。安易な形で妥協しないようにしてくださいね。そうでないと水虫が復活してしまいますからね。



TOP PAGE