水虫治療〜原因は?〜

水虫の症状〜角質増殖型〜

※「水虫の症状〜趾間型と水泡型〜」からの続きです。

【水虫の症状】
(1)趾間型・・・足の皮膚が白くふやけたり、趾間(足の指と指の間)の皮がむけたりただれたりします。
(2)小水疱型・・・足の側面や土踏まずに小さな水泡ができる。
(3)角質増殖型・・・踵を中心に、足全体の皮膚が厚くなります。

※(1)と(2)は「水虫の症状〜趾間型と水泡型〜」をご参照ください。

(3)角質増殖型水虫
角質増殖型水虫は、何もしないで放置してしまいますと、徐々に角質が分厚くなってしまいます。そして分厚くなった皮膚は時の経過とともにひび割れることになります。

角質増殖型水虫というのは、他の水虫と違って痒みがありません。痒みがないと、ついつい何もしないで放置してしまいがちだと思うのですが、皮膚がひび割れる段階にまで至りますと、塗り薬では治すことができなくなってしまいます


そうすると、飲み薬での治療ということになってしまいます。薬を長期間に渡って服用したくありませんよね。そうならないためにも早めに治療を始めてください。

以上が水虫の症状ですので、このような兆候が見られたらすぐに皮膚科に行って診察してもらいましょう。


このサイトを訪問していただいた方が、皆さん一人暮らしであればあまり気にしなくても良いのかもしれませんが、水虫は感染します。

一緒に住んでいる家族に、水虫をうつしたくありませんよね。家族に迷惑をかけないためにも、水虫の症状に合わせて適切な治療を施してください



TOP PAGE