水虫治療〜原因は?〜

水虫の症状〜趾間型と水泡型〜

水虫になってしまった時、その症状には分かりやすい特徴があります。

ただ水虫に似た皮膚病もありますので注意は必要です。

そこで今回は、水虫の症状について取り上げてみたいと思います。


【水虫の症状】
(1)趾間型・・・足の皮膚が白くふやけたり、趾間(足の指と指の間)の皮がむけたりただれたりします。
(2)小水疱型・・・足の側面や土踏まずに小さな水泡ができる。
(3)角質増殖型・・・踵を中心に、足全体の皮膚が厚くなります。

水虫になりますと、以上のような症状が現れます。ということで、これらの症状を個々に見て行くことにしましょう。


(1)趾間型水虫
足の指の間(趾間)というのは、その環境から水虫菌にとっては居心地の良い場所になりやすいと言えます。水虫菌が住み着いてしまいますと、皮膚が白くふやけたりむけたりするわけですね。

そして、あの特徴のある痒みという症状が出てきます。なんだか文章を綴っているだけで足の裏がムズムズしそうです。


(2)水泡型水虫
足の側面や土踏まずなどにブツブツとした小さな水泡ができてしまいます。水泡自体は小さなものなのですが、これもまた痒みを伴うわけです。水虫の痒みって本当に嫌ですよね。

水虫の水泡がつぶれてしまいますとかさぶたになりますが、その内に皮膚が厚くなったりします。


(3)角質増殖型水虫
踵を中心にして、足の裏全体の皮膚が厚くなってしまいます。このタイプの水虫を放置してしまいますと、皮膚が厚くなっった後、皮膚がひび割れることもあります。


※こちらに続きます。
>>>水虫の症状〜角質増殖型〜



TOP PAGE