水虫治療〜原因は?〜

水虫が悪化する条件とは?

足にできてしまった水虫は、その患部の条件次第でどんどん悪化してしまいます。

水虫を悪化させる条件とは、下記の点があげられますのでご注意いただきたいと思います。

(1)長時間に渡って靴を履き続ける
(2)患部のある足を毎日洗わない
(3)こまめに掃除機がけを行わない


そりゃそうだと思えるような条件だと思うのですが、いかがでしょうか?心当たりのある方はいらっしゃいませんか?このような環境下にありますと水虫は悪化してしまいます。


さてここで、上記のような水虫を悪化させる条件について、個々に見てまいりたいと思います。

(1)長時間に渡って靴を履き続ける
白癬菌の感染によって水虫になってしまうわけですが、この白癬菌は湿気を好みます。長時間に渡って靴を履き続けるという行為は、どうしても靴の中の湿気が多くなってしまいます。

そして白癬菌が増殖して水虫が悪化してしまうわけですね。したがいまして、水虫を悪化させないためにはサンダルを利用するなど、通気性を良好に保つ工夫が必要になります

仕事の都合上、靴を履かなければならない業務に従事している方は、靴下を履き替えるという対応をとると良いでしょう。面倒でも履き替え用の靴下を何足か持参したいところですね。


(2)患部のある足を毎日洗わない
当たり前のことですが、水虫ができているできていないに関わらず、足は毎日洗うべきものですが、、水虫のできている方は、特に足を清潔にしておく必要がありますので尚更ですよね。


※こちらに続きます。
>>>水虫を悪化させないためには?



TOP PAGE