水虫治療〜原因は?〜

水虫は足以外にもできます

※「水虫菌って何者?」からの続きです。

足以外にもできる水虫
水虫というのは、白癬菌と呼ばれるカビの一種に感染して発症する皮膚病なのですが、靴を履くという生活形態の影響で90%近くは足にできてします。

ところで「水虫というのは足にできる皮膚病」と認識している方が多いのではないでしょうか?

水虫は足にだけできるわけではありません。


日常生活において、その存在を意識することもないと思いますが、白癬菌はどこにでも存在しておりまして、増殖する環境が整いますと水虫になってしまうわけですね。

ということで、白癬菌は感染する条件が揃いますと、手や頭、さらには体の何処にでも繁殖してしまいます


進行した水虫の症状
足と同様に白癬菌に感染してもすぐに自覚症状が現れるわけではありません。ただし、自覚症状のない間にも徐々に増えていってしまいます。

白癬菌が広範囲に増殖する、あるいは菌の種類によって色々な症状が表面化してまいります。ここまで進行しますと、さすがに自覚できない人はいないと思いますが、その具体的な症状は下記の通りです。

・痒み
・ブツブツができる
・爪が弱くなる
・角質層が厚くなる



水虫の原因となる白癬菌は同居している人にうつる可能性があります。したがいまして、水虫に気付いた場合は家族にうつさないためにも、直ちに病院に行くとか薬局に行って適切な治療薬を入手するとかしてください。

水虫の感染を他の人に拡大させないためにも、早い段階で治療を施して体も家の中も清潔にしておきましょう。



TOP PAGE