水虫治療〜原因は?〜

水虫菌って何者?

水虫菌とは?
水虫という名称をご存知ない方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか?

それほど一般的にも良く知れ渡っている皮膚病だとは思うのですが、それでは水虫の原因となる水虫菌とは何なのでしょうか?


そこまで突き詰めて考えたことのある方は反対にいないのかもしれませんが、日本人の中で5人に1人は悩まされた経験を持つとも言われているほど多くの人が発症する皮膚の病気なわけですから、水虫予防のためにも知識として持っていても良いのかもしれません。

水虫菌というのは、白癬菌と呼ばれているカビの一種のことです。そしてこの白癬菌は多くの場合、足の裏とか足の指の間に感染します。


初期段階では痒みがない
人間の皮膚には外からの刺激から真皮を守って水分を維持する働きのある角質層がありますが、白癬菌はその角質層にあるケラチンを好んで栄養源にして住みついてしまいます。

さらに白癬菌は、靴の中のような高温多湿という環境にありますと増殖してしまうわけですね。これが一般的に水虫と呼ばれているものの正体なわけであります。


実はこの白癬菌なのですが、皮膚の表面にある角質層に留まっている時は、痒みという症状が現れないために自覚できないことが多く、水虫になっていることに気が付きにくいという面があります。

できればこの段階で発見して、治療を始めることができれば早く治るんですけどね。

本人が気付く気付かないは別にしても、白癬菌の増殖は待ったなしで進行してしまいます。そうすると徐々に爪の間やかかとまで侵入して非常に厄介な状態にまで悪化してしまいます。


※こちらに続きます。
>>>水虫は足以外にもできます



TOP PAGE