水虫治療〜原因は?〜

水虫はうつります

※「水虫の原因」からの続きです。

90%が足に感染する水虫
水虫は多くの場合、足に感染します。水虫患者のおよそ90%近くの人が足への感染なんですね。

これは靴に問題がありまして、白癬菌(はくせんきん)にとってそこは、非常に居心地の良い高温多湿な環境にあるからにほかなりません


どうしても水虫と言いますと、男性がかかるというイメージがあるかもしれませんが、現在は女性でも水虫に悩まされている方はたくさんいらっしゃいます。

それはやはり、ブーツのような密閉性の高い靴が流行しているという時代の背景もあるのでしょう。見るからにして足の蒸れやすいブーツは、白癬菌(はくせんきん)の温床になりそうですよね。

また、一日中靴を履いたまま仕事をする人が増えたことも一因と言えるでしょう。なんだか女性の社会進出と数字上では重なってしまうかもしれませんね。


水虫はうつります
ハッキリ言わせていただきますと水虫はうつります。例えば、水虫になっている人の皮膚から角質が剥がれおちたとします。実はその剥がれ落ちた角質の中でも白癬菌(はくせんきん)は生きているんですね。

その生きている白癬菌(はくせんきん)のいる角質を素足で踏んでしまうと、菌がそこに付着しますから感染する可能性が出てくるわけです


もちろん菌が付着しても、すぐさま水虫になるわけではありません。菌が洗い流されることなく残ってしまい、さらにはそこが居心地の良い繁殖する条件の揃っている場所であると水虫になってしまうわけです。

繁殖する条件というのは、高温多湿であること、そして皮膚がアルカリ性であることなどがあげられます。

要するに、足が清潔な状態にないにされていないとか、汗で蒸れた状態におかれますと増殖して水虫になる確率が高くなります。



TOP PAGE