水虫治療〜原因は?〜

水虫の原因

日本人の5人に1人が水虫
水虫といいますと、あまりにもよく知られているポピュラーな皮膚病ではないでしょうか?

なにしろこの水虫は、日本人の5人に1人の割合で患っているとされているほど患者の多い皮膚病なのです。


そもそも水虫は、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれるカビの一種が足などの皮膚の角質層に侵入して寄生することで発症します

水虫という皮膚病のイメージは、もしかしたら男性の方がかかる確率が高いと思われかもしれませんね。

確かに昔は、男性の方が多かったようですが、現在の水虫罹病率は男性と女性を比較した場合、同程度で推移していると言われております。


ケラチンが好物の白癬菌
人間の髪の毛や爪、そして角質、また動物の体毛や鱗にはケラチンと呼ばれるタンパク質が含まれておりますが、実は白癬菌(はくせんきん)というカビは、このタンパク質の一種・ケラチンが好物であり、また栄養源としているわけです。

例えば細菌やウイルスは、体の中の生きている細胞に侵入して悪さを働くことがあるわけですが、それに対して白癬菌(はくせんきん)の栄養源は死んだ細胞のタンパク質になります。


癬菌(はくせんきん)は主に、足の角質層で増殖するケースが多いわけでありますが、その割合は90%近いとも言われております

もちろん他の部位にも10%以上の発症例があるわけですから、手などにも感染する確率があるということです。


水虫に関するちょっとした疑問に「水虫の人と一緒にお風呂に入ったらうつるの?」というものがあるかと思いますが、ご安心ください、お風呂では感染しません。

ただし、バスマットなどからは感染する可能性はあります。


※こちらに続きます。
>>>水虫はうつります



(最終更新日:



TOP PAGE